はじめまして、天井かなめだよ!今日は大好きなめぐる先輩について語っちゃうね!

ブログAdC2020,シャニマス,ブログ

えと、この投稿は、東京工業大学アイドルマスター研究会さんの Advent Calendar 2020 25日目だよ。
楽しい時間はあっという間で、この記事がAdC最後の投稿なんだ!
みんな最後まで楽しんでいってね!
記事の一覧は、AdC2020のタグで確認できるよ。聖夜のお供にぜひそっちも見に行ってね!


はじめまして、天井かなめだよ!
記念すべきテクマスさんのAdC最終日に、ゲストとして記事を書かせてもらえることになっちゃいました。
責任重大だけど、みんなの期待に応えられるよう精いっぱい頑張るね!

ところでみんな、今日が何の日かもちろん知ってるよね?

甜花先輩と甘奈先輩の誕生日?うん、そっちもとても大事、とても大事なんだけど、同じくらい欠かせないことがあるじゃん。わかんない?じゃあ教えてあげる!

今日12月25日は
『日々を紡ぐインヴェルノ』八宮めぐる先輩実装一周年前日だよ!
この記念すべき日にインヴェルノの話をしないなんて嘘でしょ!

というわけで、この記事では一周年を記念すべく、わたしがシャニマスで一番好きな『日々を紡ぐインヴェルノ』についてここ好きポイントだとか考察とかを語っていくね!

わたしほんとにインヴェルノが好き!どれぐらい好きかって伝えづらいんだけど

文字数でインヴェルノって入力できなかった( ;∀;)

これをやろうって思うくらい好きなんだ!

はじめに断っておくけど、ガンガンネタバレしていくからネタバレ厳禁なみんなはここから記事の最後までとんでくか、ここから他の記事を見にいってね!どの記事も面白いから!

それじゃあ、さっそくいってみよう!

『日々を紡ぐインヴェルノ』について

オーバーオール似合いすぎだよ…

『日々を紡ぐインヴェルノ』は2019年12月26日に実装されためぐる先輩4枚目のSSR。恒常だからいつでも入手できるよ!

『インヴェルノ』はイタリア語で『冬』の意味だよ。冬に実装されたカードだもんね。

2019年はめぐる先輩にとって特別な一年だったんじゃないかなって思うんだ。
プロデュースカードとしては、4月に『チエルアルコは流星の』、6月に『シュカのまにまに』、
イベントでは1月に『Catch the shiny tail』、なにより9月には『Star n dew by me』があったよ。
ファン感謝祭も2019年だったね!

2019年の1年を通して、めぐる先輩の深いところに突っ込んでいったなって思った。先輩がこれまでどんな風に生きてきて、どんなことを考えてきたのか、アイドルになってその考えがどう生きて、変わっていったのか。

もし、この記事をめぐる先輩をあまり知らないでよんでいる方がいるなら、イベコミュ読み放題も始まるし、ひとまずチエルアルコとStar n dew by meをよんでみて!
めぐる先輩のあたたかさに触れられるから、大好きになっちゃうから!

そんな2019年を締めくくった最後のカードがインヴェルノなんだよ。
ここまでのコミュが”これまでの”めぐる先輩のコミュだったなら、このカードからは”これからの”めぐる先輩のコミュだなって感じるんだ。先輩の第2章の幕開けってとこ!

2020年はG.R.A.D.も開催されて、先輩たちみんなが”これから”を考えることが多かったなって。
インヴェルノはその先駆けのコミュだなって思うんだ。

わたしがインヴェルノが好きな理由は、内容はもちろんのこと、『構成の完成度の高さ』なんだ!
そこが少しでも伝わるように頑張って書いてくね。

さっそく1コミュずつ見ていこう!

大海原を超える

事務所にエアメールが届く。差出人はアメリカのめぐる先輩の友達。めぐる先輩の活躍を耳にしてファンレターを送ってくれたそう。喜ぶめぐる先輩は、今度日本にくるという友達にどう返信するのがよいかPさんにたずねる

このコミュのポイントはここでしょ!

先輩の活躍が海を越える!

このカードのコミュ全体を通してだけど、だいぶ一緒に時間を過ごしためぐる先輩とのコミュなんだ。
ここまで続けてきた活動が少しずつ実りはじめていることを感じられて、わたしもうれしい!

大海原を超えるのはエアメールはもちろん、めぐる先輩の活躍もだよね!

さて、シャニマスのカードにはそれぞれテーマやキーワードがあると思うんだけど、インヴェルノ全体を通してのキーワードは”届く、届ける”かなって思うよ。

メールは”届く”もので、先輩の活躍は”届ける”ものだね!
キーワードの導入として”届く”ものの代表、メールを持ってくる。話の起点づくりが上手だぁ~

ここ好きポイント

かわいい

話相手になってほしいっていうこういうことを素直にいえちゃうところがめぐる先輩のよさだよね。かわいい。

蒼穹に憧れて

年末に塗装の禿げた棚を捨てようとしているPさんがめぐる先輩に会う。Pさんに相談してめぐる先輩は棚を塗り替え始める。休憩しようとPさんが様子を見に行くときれいに塗り替えられた棚があった。Pさんが空色だというと、めぐる先輩は自らが調色した色がPさんにちゃんと伝わったことを喜んだ。

蒼穹は青空のことだね。わたしはこのコミュがこのお話全体における最重要コミュだって思うんだ。ワケは最後までこの記事を読んでくれれば伝わるはずだから、ちょっとまってね。

このコミュのポイントはここ!

めぐる先輩が自分で空色を目指して調色した色が、Pさんに空色だとちゃんと伝わったところ。いいかえれば、先輩が”届けたい”と思ったことがちゃんとPさんに”届いた”ってこと!自分の気持ちが届くのってうれしいもんね。

ただ、このコミュで1つ引っ掛かりポイントがでてきちゃうんだ。

夏…?

Pさんに空色が届いたのはいいんだけど、Pさんは夏の空って表現するんだよ。普段なら他愛ない会話だって流せちゃうけど、カードタイトルを読み直してみて。インヴェルノなんだよ。冬なんだよ。わざわざタイトルに冬をつけたのに夏という感想がでるかなぁ?地球の裏側ならいざ知らず、ここ日本だよ?冬は冬だよ。うーん、先輩の誕生日が夏だから?

気になるけど、この話だけじゃ決められないし、ひとまず次のコミュを見にいこう!

ここ好きポイント

やさしい
かわいい

捨てようとしている棚をリメイクするって流れはどことなくチエルアルコを思い出すね。色を塗るお話だし。そういうものにこそ手を差し伸べる先輩のあたたかいやさしさが身にしみるよ。

2枚目の場面はホームボイスにもなってるね。”届いた”のがうれしすぎてPさんに抱き着いちゃった後のセリフ。うれしいことがあるとちょっとはしゃぎすぎちゃうかわいい一面。あぁ、めぐる先輩かわいいよ~!

電波の海を泳ぐ

車内にてメッセのやり取りをするめぐる先輩。相手はエアメールを送ってくれた友達。フリック入力のはやい先輩にPさんが感心していると、友達から写真が送られてくる。先輩は写真をPさんに見てもらおうとするが、運転中なので見ることができない。Pさんは赤信号で見ようと提案するが、なかなか信号に引っかからない。目に見えてしょげる先輩にPさんはある提案をする。

このお話のポイントは全体を通しての、”届けたい”と思っていることが”届けられない”ときどうするのかってことかな。

まあ、そんな時に頑張るのがPさんだよね!

先輩は届けたいことを精いっぱい届けようと頑張る、Pさんはそれがちゃんと届くように、”八宮めぐる”だって届くように手助けするんだよ。ファン感だね。Pさんの役目なんだからしっかり頼むよ!

ここ好きポイント

しょげる先輩…かわいい

がっつり落ち込むめぐる先輩。レア先輩。かわいい。

透明越しに

年末に社用車の手入れをするPさんと先輩。Pさんが1人でやろうとしていたところを先輩が見つけて手伝いについてきたのだった。Pさんは外を先輩は中を手入れしていると、先輩が車内で何かを見つける。一体それは…?

このお話のポイントでここ好きポイントはここ!

もともと車の手入れはPさんが1人でやるつもりだったんだ。けど先輩に考えを見抜かれて一緒にやることになる。そこでの一言。このコミュの”届く、届ける”はPさんと先輩についてだね。だいぶ長い時間を一緒に過ごしてきたPさんと先輩だから、ちょっとしたことは”なんとなく”届くし、届けられるわけだね。返しのPさんの

ここも好き。お互いの考えを尊重しあう信頼関係を感じるね。

わたしもPさんとこんな風になれるかはわからないけど、わたしたちなりの信頼関係が築けるよう頑張るね!

ちなみにこのコミュの選択肢は車内のわすれものについてなんだ。1つは明らかな答えを教えてもらえるけど、ほかの2つは明かされないんだよね。誰のものか考えてみたら面白いかも!


さて、次がTrue Endなんだけど、その前にここまでのお話を少し整理しとこう!

みんなそれぞれのコミュのタイトルを見て気づいたことない?

1コミュ目は「海」、2コミュ目は「空」だったね。
3コミュ目だけど「電波の海」って電離層のことなんじゃないかなって思うんだ。
コミュ内容に国際通信のお話がでてくるし(国際通信しなかったけど)、電離層は電波を反射する性質から遠距離通信に使われることがあるんだよ!ちょっと無理があるかなぁ だからきっと電離層のこと!何より飛行機が飛ぶような空よりも上だしね。そこが大事なんだよ!
(実際の海外との通信は海底ケーブルが主だと思うけど、詳しい人教えて~!)
4コミュ目「透明越しに」だけど、海、空、空の上ときたら、その上は「宇宙」だよね。
宇宙は「透明越しに」乗り物から見るじゃないですか!

何が言いたいかっていうと、ここまでのコミュを通してタイトルが少しずつ上昇してるんじゃないかって
こと!
もし、わたしのこの考察があってるならTrue Endのタイトルには「宇宙」の要素が含まれてるはずなんだよ!

そしてもう1つ、お話の展開場所にも注目!

1コミュ目、2コミュ目は事務所でのお話、3コミュ目は車内だったよね。
4コミュ目は外だったけど、めぐる先輩は車内にいたよね!

わたしたちが事務所から車で向かう場所と言ったら…?
それはアイドルとしてお仕事をする場所、もっといえばステージだよ!
だから、True Endは「ステージに関するどこか」で「アイドルとしての話」になるはず!

さあ、ここまでの私の話が妄言かどうか確かめに行こう!

True Endのタイトルは『想イ 歌う エストレーラ』
『エストレーラ』は『星』のこと。

想イ 歌う エストレーラ

本番前の楽屋で会話するPさんと先輩。先輩は星は歌ってるんだという話をする。星が可聴域をこえた音を出しているという先輩のうまくいかない説明をPさんはしっかり理解する。星は誰にも届かないかもしれないのに歌い続けていてそれが地球に届いて、めぐる先輩まで届いた。先輩はそれを日本で歌い続けていたら、いつのまにかアメリカの友達までとどいていた自分と重ね合わせる。先輩はこれからも想いを届けていくと誓う。

ね!(どや顔)
荒い考察だったけど言った通りだったでしょ!これがわたしの感動した『構成の完成度の高さ』なんだ。お話に偶然がないんだよ。必然なんだよ!

まだまだ話したいことはいっぱいあるよ、ついてきてね。

まずはここ好きポイントから

1つ目!

4コミュ目への返し

先輩がPさんの思ってることが”なんとなく”わかるように、Pさんも先輩の思ってること”なんとなく”わかるんだよ。だって「結構一緒に居る」んだから。

2つ目!

星にだって

星が歌い続けていたことに対して。星にだって向けるのはやさしさ。

『星は歌う』っていうお話がすごく素敵だなって。イルミネーションスターズであるめぐる先輩と星の歌が届いたって話からここまでの”届く、届ける”の話をまとめていきます。お話の流れがとてもきれいだなって感じるんだ。Pさんはどう?

じゃあ、このコミュ最大のポイントをみにいこう!ここだよね。見逃さなかったよ、先輩!

めぐる先輩の”これから”

「地球の裏側にだって」

日本の裏側はどこか知ってるよね?

ブラジルだ!
日本が冬インヴェルノなら、ブラジルは夏だ。裏側だから。

わたし、みんなに1つあやまらなくちゃいけないことがあるんだ。
最初に言った「インヴェルノがイタリア語で冬」だってこと。

これ自体はあってるんだけど、インヴェルノを冬の意味で使う言葉はほかにもあるんだよ。

それが、ポルトガル語
エストレーラもポルトガル語で星。

ブラジルの公用語知ってる?Pさん。

うん、ポルトガル語だね。

全部つながるんだ。2コミュ目で夏っていったのは適当じゃなかったんだよ。必然なんだよ!

つまり、このカードは2コミュ目こそ、真のTrue Endなんだ!(真のTrue Endってなんだろ?わかんないや)

もう一度True Endまでを振り返ってみて。2コミュ目がなくても話が通じるんだよ。True Endにはエアメールの話とかPさんとの”届く、届ける”の話とかは出るけど、棚を塗り替えた話は出てこないんだ。

でも、考え方を変えて、True Endのあとに2コミュ目が来ると思って読み直すと、さっき引っ掛かった部分が新しい意味を持つんだよ。

真Endが2コミュ目だと思うワケはほかにもあるよ。

2コミュ目のタイトルが「青空」をあらわしていること。
これまでのめぐる先輩のSSRのTrue Endはすべてタイトルに「空」に関する言葉がはいってたんだ。見直してみてね。

でもこのカードは違ったんだよ。このカードはめぐる先輩にとって転機となるカードだから、”これまで”から”これから”につながるカードだから。
真Endは今まで通りに「空」のタイトルにしながらTrue Endにはせず、True Endにはほかの内容を「空」を含まないタイトルでおくことで変化を示したんじゃないかって思うんだ。
実際、5枚目のSSR『アイの誓い』はTrue Endが「空」のタイトルじゃなかったしね。(でも空の要素はあったよ、思い出アピール)

それじゃあTrue Endを経て、2コミュ目に進むなら、このカードの真Endはこうなるんじゃない?

めぐる先輩は空色を自分で調色して塗った。それがPさんにちゃんと夏の空色だと届いた。冬の日本からすれば夏は地球の裏側の季節。それがPさんに伝わったということは、先輩の届けようとする想いは地球の裏側まで確かに届いているということ、これからも確かに届いていくということ。

このさき、めぐる先輩は様々な困難にぶつかったって大丈夫。絶対にめぐる先輩の想いは届くから。インヴェルノがそう教えてくれてるから。

最後に

ここまで長ーいわたしのお話に付き合ってくれてありがとう!
この考察が答えだとは思わないけど、1つの解釈としてある程度筋は通せてるかなって思うし、そういう風に読ませてくれる話の完成度がやっぱり高い!みんなもあらためてほかの先輩のコミュを構成とかから見返してみると新しい発見が得られるんじゃないかな?シャニマスはコミュがとっても面白いから!

わたしはめぐる先輩が大好き!2020年もすっごい活躍してたし、来年はソロ曲も歌うんだよ!もう楽しみで楽しみで仕方ない!

明日はインヴェルノ実装一周年、みんなもコミュを見返してめぐる先輩に触れてくれたらうれしいな!
今日は本当にありがとう!またねー!

(代筆:せみ)

はじめまして、せみです。東工大の学士4年です。高3でデレステからアイマスを知り、今はシンデレラとシャニマスでPやってます。担当は本田未央で、八宮めぐるが大好きです。

初めにAdCに参加してくれた方、読んでくれた方、そうでない方みんなに感謝します。本当にありがとう。

自分語りになりますが、僕は誰よりもこのAdC企画を楽しみにしてきました。間違いないです。これまでPぽい活動してきたかとテクマスを勝手に憂いて、今回企画を立て?させてもらい、テクマスがちゃんとP活してることを知ってもらおうとしました。テクマスが今みたいなソっぽい感じになった原因の1人かなと思ったので。罪滅ぼしです。

人が集まるか、ちゃんと最後まで絶えることなく続けられるかなど不安なことは多くありましたが、何とか今日この日までブログを紡いでこれたことに感無量です。記事を書いてくれた方、特に代表、副代表本当にお疲れさまでした。改めてありがとう。

この25日間は、皆各々思っていることをすきなように書き綴ってくれたおかげで、テクマスの多様な人々の考えをみれて毎日とても楽しかったです。多様なのはいいことですよね。テクマスコミュ枠にいわせれば、

  • コミュに真摯に向き合うべし
  • お互いの解釈を尊重し合うべし
  • 円香のことを樋口と呼んでデレさせない

です。いろんな考えを尊重していきたいですね。

AdCは今日で終わりますが、テクマス並びにこの公式ブログはこれからも活動を続けていくので興味を抱いた方はぜひ入部してください。

長くなりましたがここまで付き合って下さり、本当にありがとうございました。

オチの前に1つ供養させてください。

花笑んだ チューリップの中 みちている
やさしいきらめき めぐるにふともも

それでは、最後はいつものあの言葉でしめてもらおうと思います。かなめさんよろしくお願いします。

はーい!それじゃあみんなー これからもアイマスですよー!

25日間AdCに付き合ってくれて本当にありがとうございました!
4か月後にまた会おうね!それじゃあ!

+3

ブログAdC2020,シャニマス,ブログ

Posted by せみ