ミラクル起こせ!クレシェンドブルー!

ブログブログ,楽曲紹介

こんにちは。kenといいます。

クイズ

突然ですがクイズです。今日6月25日は何の日でしょうか?

正解は箱崎星梨花の声優でもある麻倉ももさんの誕生日です。おめでとうございます!

もう1つクイズです!麻倉ももさんは何歳になったのでしょう?

正解は28歳です。おめでとうございます!

今日の曲紹介はそんな麻倉ももさん演じる箱崎星梨花も歌うユニット曲Shooting Starsについてです。

強い曲

多分ミリオンライブで最初に音源を買った曲です。それもあってとても思い出深いです。最初に聴いたときは、あまりキャラクターのことを知らなかったので、めちゃくちゃかっこいいなと思う程度だったのですが、ストーリーを知るにつれ、別の良さも見えてきました。ミリオンライブにハマる一因だったと思います。

クレシェンドブルーというユニット

Shooting Starsを歌うクレシェンドブルーというユニットは静香、志保、茜、麗花、星梨花で構成されています。キャラクターを少しでも知ってる人であればすれ違いが容易に起きそうなことは想像がつくと思いますし、実際グリマス、ゲッサン、ミリシタ等のどの媒体でもすれ違いが起きています。

後悔より傷跡を選び取りたい

この歌詞めっちゃかっこよくないですか?この曲で一番好きです。プラチナスターライブ編では、父親がいない志保の前で家族の話題を出して傷つけたくないという静香の気遣いが原因で、大きな軋轢が生じてしまいました。話し合いで解決するべきことですが、本当のことを話そうとすると、志保を傷つけてしまう可能性がありました。ですがユニットとして完成させていくには向き合うことが必要でした。衝突して傷つくことを恐れず絆を深めていく、そんな葛藤を前向きに描いてるのがいいと思ってます。

同じ煌めき

クレシェンドブルーのメンバーは確かにバラバラです。ですが、アイドルとして達成したいことは全員にあります。そして全員がその夢に対しての真剣さは持っています。その真剣さがあるからこそすれ違いがあっても、まとまることができるのではないかと思います。プラチナスターライブ編では志保の真剣さというところに目が行きがちですが、ゲッサンでは他のメンバーのプライドのようなものも見られます。

小さな瞬きでもきっと集めてみたら無限になる 光あって空に

ここの歌詞も好きです。ぶつかり合いの末に生まれた絆を信じて進めば、一人の一人の小さな瞬き(Shooting Star)が合わさって無限の光になっていくということです。一人で道を歩むことの多かったあの志保にも"一人きりじゃ見えない景色があるの"って歌わせてるのすごくないですか?

実は曲中には曲名であるShooting Starsというワードは登場しません。Shooting Starが合わさっていく様子を表す良いタイトルだと思ってます。今からでも遅くないのでこの部分もMV化しません?

Floodingとゲッサンミリオンで最強になろう

実はクレシェンドブルーの曲はもう1つあります。その名前はFloodingと言います。Shooting Starsを聴き、コミュを読み、ゲッサンミリオン(特に4,5巻)を読み、Floodingを聴くと最強になれます。ぜひやってみて下さい。

+1

ブログブログ,楽曲紹介

Posted by ken