秘密

2022年6月25日ブログブログ,楽曲紹介

みなさまごきげんよう、煮干しいりこです。
なんか1週間ほど前にお会いした気がしますが、まさかのおかわりです。
今回も何卒よろしくお願いいたします。

さて、今回のブログは秘密の話。
そう、Secret……

おい、誰だ今Daybreakって言ったやつ。

それもうHmcmch君がやったよ。

はい、今回のブログはちょっとマイナーな方のSecret、Secret Mirageについてです。

ちなみにジャケ写の構図もちょっと似ています。

運営はsecretって付く曲のジャケ写で女に恋人繋ぎさせればいいと思っている節があるようですね。
いいぞもっとやれ

OP 少女達の囁き

さてさて、話は変わりますが皆さんはどんな花が好きですか?
私は百合が好きです。
清く、美しい一方で、どこか儚い……。
ふたりの間で共有される甘美な秘密、どこか生命の理から目を逸らす背徳感……。
人類は長きに渡ってその姿に魅了され続けて来たのです。

え、花の話ですよ?

はい、そんな脳が蕩けそうな純情と、その中に潜む不安という名の棘、触れれば壊れてしまいそうな危うさを孕んだ硝子の花園を垣間見ることができる名曲がこちらのSecret Mirageとなっております。
とりあえず聞いてください。

いいですね、最高です。
ちなみに私はここに混ざろうとする男を滅する仕事をしています。

この曲の好きなところを歌詞を引用しながら紹介したいと思います。
Fullバージョンでの歌詞になるので、興味が出たよという方はぜひFullバージョンも聞いてみてください。

#1 小さな影

何気ない時間の中で

気づいてしまった気持ち

決して言えない なのに

求める指がひどく熱い 熱い 駄目…

すき

はい、気がついてしまいましたね……
いつもとは何か違う気持ち、これは一体なんなのでしょうか。
「求める指がひどく熱い」、こんな表現が許されていいのでしょうか。

個人的には「いけ!いけ!差せ!差せぇ!」という感じなのですが、女が女に向けるクソデカ感情は内に秘めれば秘めるほど、非常に芳醇で香り高く、趣深いものになるのでこちらの方が尚良いです。

#2 芽吹く不安

このままでいい このままがいい

だけどだけど 触れたくなるの

すき

ああ…

このまま「で」いい、このまま「が」いい

この順番から、秘めたる気持ちに蓋をしてでも今の関係のままでいたい、そうであるべきなんだと自分に言い聞かせる様子をより強く感じることができます。

じれったいですね。ええ、じれったいです。
ただ、ここに立ち入ることは許されません。
我々は硝子の外から見守ることしかできないのです。

#3 曇りゆく瞳

そっと鼓動かさねて 問いましょう

惹かれてしまうこと それは罪なのですか?

好きだぁ…。

罪ではないんですよそれ…。
いいんです。全然惹かれあっていいんです…。
それでも何故でしょうか、その気持ちにはどこか背徳の香りが漂うのです。

ちなみにこんなきっしょい事言ってるのは間違いなく罪です。

#4 絡まるすれ違い

体温(ぬくもり)寄せ合うように

並んで 髪を絡める

切ないのはどうして?

教えて欲しい 胸が痛い 痛い 何故?

は?すき

ああ…ああ…
どうして彼女の胸は痛むのでしょうか。
先に進みたい、でも進んでいいのかわからない。
隣で髪を絡めるあなたはどう思っているのでしょうか。

なんだか書いていて私の胸も痛いです。
でも、多分私のは病院に行ったほうがいいやつです。

#5 ふたりだけの秘密の誓い

あなたがいれば あなたとならば

きっと行ける どこまでだって

それなのにもう どこにも私 行きたくはないの

すきいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいい

失礼、取り乱しました。

ふたりがお互いに抱いている気持ちはきっと一緒なのでしょう。
それでもきっと、ふたりは同じ場所に留まり続けることを選ぶのでしょう。
揺れ動くこころ、秘密の誓い。
ふたりはまた、ふたりだけ世界へ戻ってゆくのです。
たとえそれが蜃気楼のような存在であったとしても。

ED 手を取り合って、いつまでも

私、本当にこの曲好きなんですよね。
どれくらい好きかと言えばカラオケで歌おうと思ったら落ちサビでクソデカ感情が込み上げて最後まで歌えなかったくらい好きです。
クラブで流れてたら最前ダッシュするくらい好きです。
この前は3回ダッシュしました。

今回は一部歌詞を引用しましたが、この曲の歌詞はどこにも無駄がなく、深い深い深淵の楽園へと連れて行ってくれます。本当に好きです。天才。

こんなにも美しい世界を表現してくださった作詞の磯谷佳江さんと作曲の小野貴光さん、そしてRêve Pur、水本ゆかり・小早川紗枝の2人に圧倒的感謝を。

最後に、私の夢の一つにこの曲を現地回収するいうものがあります。
非常に難しいとは思うのですが……いつか……。
そんな日に立ち会うことができたなら、会場で泣き崩れると思います。

はい、今回はアイマス界のちょっとマイナーな方のSecret、Secret Mirageのお話でした。
お付き合いいただきありがとうございました。

+1

2022年6月25日ブログブログ,楽曲紹介

Posted by いりこ